top of page
検索

直行直帰のメリット⭕、デメリット❌について

皆さんこんにちは!

訪問看護では様々な働き方が可能といわれています。

今回は直行直帰のメリット・デメリットについてお話しさせていただきます。


メリット⭕

・時間を有効活用することができる

・自分のペースで働くことができる

・他のスタッフにあまり会わないため人間関係に悩みにくい

・感染リスクを最小限にできる(スタッフ同士の接触が少ない)


デメリット❌

・看護の方向性を相談しにくい

・細かな情報共有がしづらい

・他人の目が入らない

・指摘やアドバイスがタイムリーにもらえない


等が挙げられます。

LEではご活用者様へのデメリットが多いと考え、直行直帰はしない方針です。

一見すると、直行直帰をすることで移動時間の削減やプライベートの充実に繋がるため、メリットの方が大きく見えるかもしれません。

しかし、LEは地域で活躍する地域専門職!

ご活用者様のことを1番に考えます!


直行直帰は働く人にとってはメリットと言えるかもしれませんが、連携不足や情報共有不足が生じるという点でご活用者のメリットはありません。

「誰のための資格」かをしっかりと考え、業務を遂行していくべきだと考えています。

また、親を呼びたいまちづくりをしている会社なので、どんな人たちに親を看てもらいたいかでいろんなことを判断します。


また、新入職員の方は、未経験の職種や新しい環境では不安や心配事がでてくると思います。

新入職員にとっても、直接相談できる環境が整っていることから安心に繋がり、よりよい看護リハビリを行うことができます。

さらに❗️ご活用者様の安全にも繋がっていき、『親を呼びたいまちづくり』ができると考えております。





また、申し送り時にお互いが注意できる環境をつくることで、成長し続けることのできる地域専門職を目指しています。

常に成長し続けるLEで一緒に働いてみませんか??✨

閲覧数:321回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page