訪問看護の営業って?~営業方法について~

訪問看護における営業とは

訪問看護ステーションの経営において、『ご活用者様の安定した確保』は収益の確保・増加、そして収支の安定・利益の確保のためにとても大切なポイントになっています。

ご存知のように訪問看護ステーションにおける「営業」「挨拶まわり」とは、「ご活用者様の獲得」を目的としています。

一般的なビジネスでは、顧客獲得のために、広告宣伝や営業活動を行いますが、「訪問看護ステーション」では、ご活用者様ご本人ではなく、ケアマネージャー(介護支援専門員)や医療機関が、そのご活用者様に「訪問看護」が必要かどうかを判断します。

訪問看護のご活用者様は、病院やケアマネージャー、あるいは地域の方などから紹介されるケースが大半です。ですので、訪問看護ステーションの営業は、ケアプランを作成し、利用者を紹介してくれるケアマネージャー(居宅介護支援事務所)のところへ、こちらから出向きあいさつをし自社ステーションの特徴などをアピールすることが基本となります。そして、これら開業エリアの営業先からの評価を確立することこそご活用者様の獲得、そして訪問看護事業の安定運営に直結するのです。






営業先

訪問看護の必要性を感じ、訪問看護ステーションに相談してくれる人や場所へ営業を行います。主な営業先として、地域包括支援センターや居宅介護支援事業所、地域医療連携室やクリニック・病院などの医療機関があります。 

これらの機関にLE訪問看護ステーションの存在を知ってもらい、在宅生活に困難が生じ、これから訪問看護やリハビリテーションが必要になるご活用者様について相談がいただけるきっかけ作りのために行います。


事前準備

営業前にステーションのアピールポイントや強みを整理し、他の事業所との違いや自社がどんな製品・サービスを提供しているのか把握、営業チラシ等や広告の準備をおこない、ケアマネージャーの興味を引けるように準備をおこないます。次に営業先リストをまとめます。優先順位をつけながら、効率よく営業を行います。


何を話して、伝えるのか

営業をおこなうにあたり、まずは簡単に自己紹介と先方の都合を確認します。次に、LE訪問看護ステーションの理念や提供しているサービス内容を紹介します。サービス内容としては訪問看護、訪問リハビリをはじめ、独自の自費サービスであるPreLEや24時間対応について紹介します。その他にも独自の転倒予防プログラムや認知症対策、Nsリハビリなども可能で、施設で体操指導も行うなど幅広く活動しているため、一方的に説明するだけではなく、今必要とされているサービスを聞き出しながら紹介していきます。

LE訪問看護ステーションは小児から高齢者、廃用や難病などご活用者様の様々なニーズに応えることができ、また現状の空き状況やサービスの対応可能エリアも説明しますが、例え対応困難であったとしても近隣店舗にも相談してできる限り対応する気持ちを伝えます。


実際に依頼があった後の対応

ケアマネージャー・主治医・他事業所など様々なところから依頼を受けます。依頼を受けたら依頼内容や訪問回数などを確認・交渉します。新規受付表をFAXし、細かい情報のやりとりを行います。新規受付表をもとに疑問や質問等があれば依頼者に連絡し連携をします。連携内容としては訪問時間や曜日・住所の確認・Ns希望なのかリハビリ希望なのかの確認をします。その際に可能な限り家族・生活背景などの情報収集もします。その後、主治医へ連絡し訪問看護の導入の承諾をして頂き、医師より訪問看護指示書を出してもらいます。それからケアマネージャー・ご家族へ連絡し契約日と初回訪問日を決定します。

訪問開始後に生活状況やADLの状況を把握し、必要に応じて多職種(Ns、PT、OT、ST)導入の提案や増回の提案をさせて頂きます。より安全・安心にご自宅で生活出来るようサポートしていきます。そのために、継続してケアマネージャーや主治医への連携も定期的に図り情報共有に努めております。


LEは今後も地域に貢献するため、日々努力を続けます。引き続きご期待ください。

閲覧数:697回