訪問看護の理学療法士などのリハビリ専門職は給料が低い?

 LEでは積極的に看護師やリハビリ専門職を採用しています。採用面接も年間700件ほどしておりますが、その際に求職者や転職者の方が一番と言っても過言ではないほど気になるのが、給料面かと思います。本日は、リハビリ専門職のお給料事情について、現場目線でお伝えいたします。

日本の訪問看護に勤める理学療法士の年収

 訪問件数によっても前後するかと思いますが、年収400万~650万円ほどが多いかと思います。

会社やステーションによっては、インセンティブという、歩合給制度がございます。弊社ではインセンティブ制度を採用しており、働けば働くほど給料が上がる制度を導入しています。

 ・・・「まてよ、歩合給だと、毎月もらえる基本給は少ないんじゃ・・・。」そう思ったあなた、ご安心ください!LEは基本給も高いんです!


「なんで歩合給制度なのに、基本給も高いの?」

お答えします。なぜなら、業界日本一の給与を目指している会社で、社員への還元率が高いからです!基本給が高いと、社員は毎月安心して生活が出来ますね!

 この高い給与が維持できているのは、歴代の社員が積み上げてきたLEの訪問看護ステーションの信頼を地域の皆様から得ている結果だと思います。入職された際には、積極的に行動していきましょう。

 ちなみにですが、入職後の試用期間も100%の給与を支払います!!


LEの理学療法士の年収例

・完全週休2日制(土日・日月休み)


臨床経験3年以上(デイ、施設の経験除く)*2022.7月以降から適応。

月給【日月休み】360.000円+土曜日手当

【土日休み】360.000円


臨床経験2年以上3年未満(デイ、施設の経験除く)

月給【日月休み】329.000円+土曜日手当

【土日休み】329.000円

LEでは積極的に給与UPが行われており、今年も給与が上がります!


上記に加え、年2回の賞与(夏・冬)がございます。賞与の金額は訪問件数によって変化します。←ここが歩合給です!

*また、LEではサポートチーフや、チーフ、店舗管理者などの給与がUPするためのキャリアアップの制度があります。ぜひ給与UPをしたい、キャリアアップをしたい、色々な立場の景色を見たい方は積極的に狙ってみて下さい!


LEの福利厚生について

「そんなに給与が高いなら福利厚生は手薄なんじゃ・・・」

ご安心ください。LEには社員の為を想った福利厚生が整っています。

・住宅手当

・各種保険完備

・特別休暇(産前・産後休暇、育児休暇、慶弔休暇 等)

・保育費支援制度

・退職金制度(当社規定)

・交通費支給(上限9万円/6か月)

・会員制施設(エクシブ)割引利用

・社内融資制度


病院での理学療法士の平均年収

 「訪問看護の理学療法士の年収は分かったけど、病院での理学療法士の平均年収はどの程度なの?」

そのように気になった方の為に病院で勤務している理学療法士の平均年収を調べてみました!

 病院の理学療法士の平均年収は、*平均年齢33.9歳で418.9万円(残業代・ボーナスを含む)。男女別だと、男性が438.8万円、女性が356.1万円となっています。

女性と男性で給与が80万円程も違うんですね~。ちなみにですが、LEでは男女の年収の違いはございません!


*参考:厚生労働省『令和2年 賃金構造基本統計調査(職種)第1表職種(小分類)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与及び年間賞与その他特別給与額(産業計)』

・平均年収の算出方法:「決まって支給する現金給与額」×12か月+「年間賞与 その他特別給与額」


訪問看護の理学療法士の給与の実態

 いかがだったでしょうか?訪問看護で勤務する理学療法士と、病院勤務の理学療法士の給与面の違いがわかっていただけたでしょうか?

 病院と、訪問看護の理学療法士の給与は訪問看護のほうが一般的には高い傾向にありますが、実際には、同じリハビリでも勤務の内容が違います。

 リハビリをするのは、同じですが病院では入院される患者様に自動的に配置されます。しかし、訪問看護の理学療法士は、地域の皆様の信頼を得られなければリハビリはできません。その為、訪問看護ではご自身で訪問させていただけるご活用者様を紹介していただけるように行動していきましょう!

 この記事が病院と訪問看護で就職を迷われている方の一助になりますと幸いです。


閲覧数:234回