病院で勤務していた頃は、業務、時間、人間関係などの様々な事で心をすり減らしていました。
辞める2ヶ月前というギリギリのタイミングで就活を始め、もともと在宅に全く興味はありませんでしたが、個別性の看護が好きという、ただそれだけで在宅やってみようかなと、訪問看護を選びました。

そして、出会ったのがLE でした。

入職してから驚いた事は、求められていることは病院と変わらないという事でした。
質の高いアセスメントを求められ、コミュニケーション能力が試されていると感じました。
看護という面で、「在宅だから難しい」というギャップはありませんでした。
もちろん、イメージ力や発想力は必要で、自宅ならではの環境を考えた上で、生活環境の整備が必要ですが。

1番ギャップを感じたのが、訪問以外の業務です。
地域を支えていくための視点や、地域への顔出し・関係作り、今まで知らなかった視点ばかりで先輩たちの見よう見まねでした。
どうしたら自分たちの存在意義を示す事が出来、また、地域貢献が出来るのか、同じステーションのスタッフと沢山話をしました。

LE にいる人は、みんな前向きなんです。だから私もそれに引っ張られたのだと思います。
病院で働いている時は想像できませんでしたが、自分たちで考えて動く事が新しい事への挑戦となり、自分の成長に繋がりLE ってこうゆう所なんだ!と感じました。

新規のご活用者様が増える、ステーションが大きくなる度に、ご活用者様や地域との信頼関係が構築されていく事を強く実感しました。
また、ステーションのみんなで喜び合い、忙しくて大変な時も、お互いを思いやりながら仕事をする、そんな仲間が周りにいたから、訪問やそれ以外の仕事も楽しく感じることが出来たのだと思います。
LEは、同世代の仲間が多いからこそ出来る、結束力もあると思います。

そして、新店舗へ。

まず、LEを誰も知らない地域に飛び込んでいくのです。
今までとは状況が違います。私の仕事ってなんだっけ?と思うほど、自分たちの存在を知ってもらう為に動きました。
訪問が無ければ、看護師としての仕事さえ与えてもらえないのです。

そして、ついにきた1件目の依頼!!!

飛び跳ねるほど、半泣きするくらい喜びました。
そして、より一層、1件の訪問を大切にし、訪問が楽しくなりました。

人数の多い店舗のスタッフは、この感覚を知らないでしょう。依頼・訪問があって当たり前の状況なので。
しかし、それは決して当たり前ではなく、ひとつひとつの仕事に意味があって繋がっている、そんな風に新店舗にきて感じる事が出来ました。
LEに入職したころのワクワクや楽しさを、更にバージョンアップして感じることが出来ています。

この様な苦悩や喜びを感じる事が出来るのは、LE ならではの環境だと思います。

人として・社会人として成長できる職場にいられる事や、お互いを刺激し合える仲間たちの存在は、私にとって宝物です。
LEじゃなかったら、こんなに”仕事が楽しい”と思うことはなかったと思います。

ほかのスタッフの声を見る
back number