地域で一人で暮らすこと

2020.7.7


最近年々お一人で暮らしている高齢の方の数が増加していると、統計上だけではなく訪問している上で実感しています。

中には買い物や病院受診もお一人では困難な方もおられます。

私は、地域のサービスを知らなかった頃はこういう方たちはどうやって生活できているのか不思議でしたが、この世界に入って初めて様々なサービスがあることを知りました。

サービスには、訪問診療・訪問歯科・訪問介護・訪問看護・訪問リハビリ・通所介護などなど多くの地域の力があります。

特に定期的にサービスに入らせていただいている私たち訪問看護では、「この方にはこのサービスがあるともっと生活しやすくなるかもしれない」と思うと、ケアマネージャー様と相談しサービスが追加になることもあります。

ご活用者様は、慢性疾患を抱えていたり、元々あまり水分を取らなかったり、食べなかったりと、こちらとしてはお一人の生活に少しハラハラすることもあります。

ですが、「私はやっぱり住み慣れた自分の家で暮らしたい」と言われる方が多く、私たちはそのお気持ちを尊重し、不安が軽減できるよう、また体調悪化を未然に防げるよう定期的に見守らせていただく体制をとっています。

訪問は、玄関を開けて「こんにちは~」と顔を合わせるとことから始まります。
(あ、今日もお元気そうだな。)と思うと同時に、この笑顔をいつもでも守っていきたいと強く思います。

これからも暑い日が続きますが、自分の健康管理もしっかりしつつ、毎日の訪問を大事にしていきたいと思います。

三田店 看護師K.I



【飛び込んでみませんか?在宅看護・リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
セミナー情報に詳細記載しております。
訪問看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会
  • u5

2020.8.12 新しい仲間


2020.8.11 長期休暇


2020.7.27 じめじめを乗り越えるには…?


2020.7.21 プリセプター


2020.7.17 日暮らしの里、日暮里