リハビリ日記

Vol.41 フカボリ!『未経験の仕事をやりきった僕が手に入れたもの・中編』

2019.2.1

輝いているLE社員に直撃インタビューするその名もフカボリ!!

初回は大崎支店チーフの理学療法士 内藤将幸

LEフェスの運営委員長という大役を通して得たこと・学んだこととは!?

怒涛の中編、スタートです!

★☆★☆★☆

本田:当時、一番身近で僕を支えてくれたのは、所属してた店舗メンバー全員ということでした。とてもいい話ですね。


内藤:でしょ?もちろん運営のメンバーにも助けられましたけどね!

本田:さすが。きちんとフォロー入れるんだ。

内藤:いやいやほんとに。


ちょっと目が泳いでますね。



本田:(ここは深掘らないと)なんか運営スタッフとのエピソードあります?

内藤:うーん具体的にはちょっと思い出せないけど(笑)

あ!一緒に運営の仕事してた林(佑一郎。田園調布支店チーフ看護師。)さんの物事への向き合い方は参考になりました。

本田:ほうほう。

内藤:壁にぶつかった時とか問題が起きたときに僕は「どうしよどうしよ」って何か答えを出そうと考え込んじゃうんだけど、林さんは「いやーわかんないね。どうしようか?ハハッ!」て前向きに開き直ってて(笑)あ、開き直るのもアリなんだと思ってけっこう心が楽になったんですよね。本番が近づいてて、どんどん精神的な緊張も増してきてたタイミングだったから、救われました。



「ハハッ!」林さんの真似をする内藤さん、…大丈夫か?


本田:色々なことがあったとは思いますが、結果的に2年前のLEフェスは250名以上の来場者を動員し、大成功に終わりました。「なんか変わるかも」と思って始めてみて、やり切ったあと何を感じましたか?

内藤:そうですねー…。



内藤:そもそも僕、人前でしゃべるのとかが本当に苦手だったんですよ。飲み会で乾杯の音頭とるのすらしんどいと思うタイプ


ちょっと苦笑い



内藤:そんな人間が、50人の運営に総指揮として発言したりとか、当日は司会もやったりとか、そういう苦手なことも含めて、みんなの力を借りながら全部やり遂げて、打ち上げの乾杯の音頭でみんなの前で話してるときに、自然と涙が出てきたんです。

まさかの思い出し泣き(か眠たいか)


内藤:それは間違いなく感謝の涙だったと思います。こんな自分についてきてくれてありがとう。助けてくれてありがとう。励ましてくれてありがとうって。あんな幸せな涙は人生で初めてでした。

本田:ほんとにいい話やな…。


照れ笑いする内藤さん。



内藤:忖度するわけじゃないんですけど、感謝しなきゃいけないのは、いちスタッフに成長するチャンスをくれた会社かなって思ってます。僕、当時は役職もついてなかったし。パッとしない、いちスタッフにこんな一大イベントを普通任せないですよね(笑)。

実際、社長も構成や進み具合について直接話し合う時間作ってくれて、ホント感謝してます!



最後の最後にゴリゴリ忖度し始めた内藤さん


まとめ:今回内藤さんをフカボリしてみて、何かを成し遂げるために必要なことは

①まず飛び込んでみる行動力。

②困ったとき助けてほしいときに助けてと強がらずに自分をさらけ出す勇気。

③周囲への感謝の心。

この3つだと感じました。

いずれも社会人として重要なことだと思いますが、「できなかったらどうしよう…。」と尻込みしたり、「断られたら、どうしよう…。」と人を頼れなかったり、「この仕事は俺の手柄だ!」など傲慢になったり、できそうでできないことでもあると思います。

内藤さんのように大きなイベントを通して学んでみるのもいいかもしれないですね!


今回のフカボリはここでおしまい!

次回も内藤さんを深掘っていきます!

次回のフカボリも要チェケラ(死語)!




【飛び込んでみませんか?訪問リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
リハビリ学生限定の座談会も不定期に開催しています!詳しくはセミナーページをご覧ください。
訪問リハビリ・看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会
  • LEリハビリ学生限定座談会

2019.2.14 Happy Valentine!


2019.2.10 訪問でヒップアップ♩


2019.2.8 Vol.41 フカボリ!『未経験の仕事をやりきった僕が手に入れたもの・後編』


2019.2.7 ママ看護師頑張ってます‼️


2019.2.4 訪問の間の楽しみ♪