リハビリ日記

Vol.48 フカボリ!『在宅と病院の違い・壁乗り越えエピソードなど5つの質問ぶつけてみた!・後編』

2020.3.8


輝いているLE社員に直撃インタビューするその名もフカボリ!!

今回は旗の台支店の理学療法士である斉藤さん

前編ではなぜ来ようと思ったのか、LEに入ろうと思った理由を中心にフカボリしてみました。
後編は病院と違って驚いたこと壁乗り越えエピソードなどの質問を齋藤さんにぶつけてみました!

レッツ!フカボリ!

(インタビューアー 大崎支店 内藤)

★☆★☆★☆★☆

内:いやー、齋藤さんのキャラクターはLEにハマる人ですね!
斉藤さん!さっき仕事の内容の点で、病院との違いに少し触れましたが、次の質問は【③在宅の分野と病院の分野はよく全然違うと聞きますが、斉藤さんの中で病院時代と違って驚いたことを教えてください!】です!

斉:病院時代は、どうしても受け身な状態で働いていたと振り返ると思います、、、。与えられた仕事の中で、もちろん最大限にやりきることは意識していました。しかし在宅の分野で、またLEで特にかもしれませんが、働いてみると、自らが能動的に動く力が非常に必要だなと驚きました!

「自分から動くってムズカシイ…。」

内:さっき、僕が言っちゃったな!(笑)

斉:本当にそれ!って感じです(笑)

内:意欲的に仕事に向き合っていて素晴らしい!とはいえ、大変なこともあるかと思いますので、次の質問は【④苦労も悩みもあるかと思いますが、そんな苦労などをどう乗り越えたかのエピソードを教えてください!】

斉:私は緊張しやすいのと、無意識に「すみません」とすぐ謝ってしまう癖が、治らずにありました。働いてから2週間の面談で管理者に指摘されてから、自分の癖を改めて認識しました。「すみません」のせいで、ご活用者様やご家族様、多職種の方々を不安にさせたりしてしまうこと。頼りない専門職に見えてしまうことを再認識しました。

「ついついすみませんって言っちゃうんです…。」

斉:でも、それからは「すみません」を「ありがとう」に変えて人と接してみようと管理者と目標を立てて勤務にあたりました。そこからは「すみません」の回数も減り、少しずつ緊張しやすいところや、おどおどとした気持ちを表に出さずに仕事ができるようになってきました!

内:これ、凄く大切なことですよね!すいません癖な人は是非!

斉:言葉って大事!(笑)

笑顔も大事!

内:最後の質問はいつものこれ!
【⑤最後にこれからLEへ来る人、LEに行こうか悩んでる人にメッセージをお願いします!】です!

斉:入職させて頂いてから早5ヶ月が経とうとしていますが、LEで働いてから、ご活用者様や業務を通して自分と向き合う機会が増え、日々成長しなくてはと前向きになれるようになりました!
歳が近いスタッフから、経験のあるスタッフも居ますが、みんな優しく迎え入れてくれる方々ばかりです!
不安もすぐに共有できますよー!一歩のチャレンジがあったことで、今の私が居ます。ぜひ、この記事を読んでくださった方々と、これからの高齢化社会に向かって、より住み良い地域になるように、前向きに笑顔で立ち向かって行けたらと思います!

「頑張ります!イェイ!」

内:熱いなー!僕も前向きに頑張ろうと思いました!(笑) 斉藤さん、ありがとうございました!

斉:ありがとうございました!(照)

「皆さん、お待ちしてますよ~!」



【飛び込んでみませんか?訪問リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
リハビリ学生限定の座談会も不定期に開催しています!詳しくはセミナーページをご覧ください。
訪問リハビリ・看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会
  • u5

2020.5.27 連載 栄養士が本気で自分をマッチョにしてみた④


2020.3.28 連載 栄養士が本気で自分をマッチョにしてみた③


2020.3.6 Vol.48 フカボリ!『在宅と病院の違い・壁乗り越えエピソードなど5つの質問ぶつけてみた!・前編』


2020.2.12 Vol.47 フカボリ!『もし1人で悩んでいたら読んでほしい・行動することで変われること』


2020.2.9 連載 栄養士が本気で自分をマッチョにしてみた②