社員の声 第7弾は、代表のこだわり編 作業療法士の 宇佐美さんです。
過去・現在の心境・今後の展望を宇佐美さんに聴いてみました。

Q.LEには独自の「こだわり」というものがありますが、現在の心境の変化と過去の思いと違いはありますか?

A.最初は「こだわり」と言うものはその考え方はいいな~♪と、のほほんと感じる程度でした。実践しなければいけない事なのに身に付けて行こうと自己を律する気持ちは弱かったように思います。

Q.なぜ実践しようと思うようになったのですか?

A.LEではビジネススキルの勉強会があるので参加させていただいた時にも、代表のこだわりにも“「実践家」と「評論家」は違う”と言うことを強く意識させられました。

ビジネススキルの勉強会では「知行合一」(知ることは行為の始めであり、行為は知ることの完成である)と言う言葉を習い。行動することと知っていることは別物なのだな!とこだわりの大切さを実行するようになりました。
皆さん経験があると思うのですが、口先だけの人と思われるのは嫌ですよね?
知っている事を実践しないのは人生を通して”もったいないこと”だなと理解でき、自己成長につながったように思います。

Q.実践してみて変わりましたか?

A.変わったと思います。正直なお話をしますと私はプロフェッショナルになりたくて臨床家で居続けたいと思っていたのですが、ご活用者様が求められるプロフェッショナルと私が思うプロフェッショナルは多少違いがありました。

知識があり腕が良いのがプロフェッショナルだと思っていたので勉強や資格ばかりを取るように時間を割いていたのですが、それはご活用者様から見たら当たり前!
それ以上を越えなければ感動させられるリハビリは行えないのだなと感じています。

プロフェッショナルで居続けるにはあらゆる場面をプロフェッショナルで居続けられるように磨き続けなければいけないのだなと反省しました。
多方向からの視点を持ち合わせるジェネラリストにならねばと感じています。

Q今後はどのように行動していきたいですか?

A.こだわりを実践することで私は変われたと思います。それを自分の中に落とし込み、ご活用者様にどのように提供していくか?「やっぱり頼むならLEよね!」と笑顔で言っていただくために、スタッフ皆で品質を維持していくために、一つ一つの行動を誠実に積み重ねて「行動を伴わない知識はもったいない」と言われないようにしていきたいです。

Q.最後にこれからLEへ就職される方に一言

A.気になったら行動してみませんか?
私も臨床家になる為に色々なチャレンジをしてきました。普通の医療の勉強だけでなくボディワークを学んでみたり、海外に行って見たり、チャレンジすることで変われることが多いと思います。
楽しい時間を過ごすために仕事の割合はとても大きいと思います。一緒にチャレンジをしながら楽しく視野を広げて行きませんか?お会いできるのを楽しみにしております。

ほかのスタッフの声を見る
back number