Q. 訪問看護師になろうと思った理由を教えてください。


A. がん専門病院で4年間働き、最期を自宅で過ごしたい方・医療処置が必要な状態で退院される方等の退院支援を行っていました。その中で、これまでは自宅へ送り出す側だったけれど、実際に自宅ではどのように過ごされるのか、自宅で過ごされる中での支援に興味が出てきたことが訪問看護師になろうと思ったきっかけです。

Q. LEを選んだ理由は何ですか?

A. 訪問看護師になるために、転職先を探していたところ友人に紹介されました。実際に座談会やステーション見学を経て、LEで働いてみたいと考え就職を決めました。また、実際に友人が働いていることで相談しやすいことも良い点だと考えました。

Q. 訪問看護師になって楽しいと感じること、逆に苦労したことはありますか?

A. 訪問看護師の介入が始まるご活用者様の中には、「看護師が来て何するの?」「来てもらうのが億劫」と仰る方々もいらっしゃいます。その中で1回1回の介入を通して訪問看護師の存在意義を感じてもらえたり、内服が安定することで状態も安定してきたご活用者様に「来てくれてありがとう」といわれることが何より楽しいです。
苦労した点は「タイムスケジュール」です。訪問看護は訪問時間が決まっています。30分や60分の訪問の中でご活用者様の状態を把握し、必要なことを実施、そして訪問看護師がいないそれ以外の時間に向けたアドバイス等を行わなければいけません。訪問を経て、タイムスケジュールの管理に慣れてきたと感じますが、油断せずに行きたいと思います。

Q. 今後の目標はありますか?

A. 訪問看護師になり2年目です。まだ担当したことのない疾患のご活用者様や処置がたくさんあります。日々勉強し、自身はもちろんのこと周囲のスタッフと一緒にレベルアップしていきたいと考えています。

Q. 訪問看護、訪問リハビリをはじめようとしている方々へ一言お願いします!

A. 初めての環境に飛び込むことはとても勇気がいることです。いま、LEで働いているスタッフも始めは皆さんと同じ心境でした。ぜひ、飛び込んできてください。一緒に楽しく働くことが出来るようサポートします!