LEは学会・論文発表に積極的に取り組み、在宅医療分野での貢献を目指します! report

LEでは『LE学会発表を応援する協会』という名のチームが存在します。
このチームでは

①学会・論文研究を通しての在宅医療分野の向上と発展につとめる
②研究に基づいて教育や普及活動の実践
③臨床とはまた別の軸での社会・地域貢献をすること
を存在意義にしております。

これからも随時研究発表進捗を更新していきます。
ぜひご注目ください!

~~~~~以下、実施方針となります~~~~~

LE 在宅・施設 訪問看護リハビリステーションにおける臨床研究実施方針

LE 在宅・施設 訪問看護リハビリステーションは東京都広域での在宅医療を担う訪問看護ステーションとして、ご活用者様に高品質のケアを提供するとともに、以下の方針のもとに在宅看護・リハビリテーションに関する研究を実施しております。

住み慣れた街で最後まで過ごせるための看護とリハビリを提供するとともに、その成果がより速やかに日本ならびに世界の訪問看護・リハビリテーションに活かされるよう、国内外の社会的および科学的な意義を有する研究を支援し実施します。
ご協力いただくご活用者様とそのご家族様の尊厳と人権を守ることを最優先し、参加する学会の規定するガイドラインを遵守します。

以下の内容を大切にいたします。

①外部委員の方を含む研究倫理審査委員会において、倫理的・科学的観点から妥当と判断され、承認された研究のみを行います。

②ご活用者様とそのご家族様への負担、予測されるリスク、利益を総合的に評価し、不利益が最小限となるよう最大限の配慮をするとともに、十分な説明を行い、自由意志による同意を頂いた上で臨床研究に参加して頂きます。

③ご活用者様の個人情報等の保護を遵守します。

私たちの研究に対する取り組みに、ご理解とご協力をお願いいたします。

LE.O.VE株式会社
LE 在宅・施設 訪問看護リハビリステーション    代表取締役 多江 和晃



お問合せ・ご応募をお待ちしています。

職種への応募、座談会への参加、その他採用に関しての条件や質問についてもお気軽にお問い合わせください。

お問合せ  応募フォーム