看護学生100名へGM鳥内、用賀店責任者矢田が訪問リハの講義を行いました!

2019.12.16


2019年12月9日に東京医療保健大学の看護学生3年生へGMの鳥内、用賀支店責任者の矢田が訪問リハビリに関する講義を行わせていただきました!
今年も100名以上の看護学生が参加してくださり、約3時間、講義やグループワークを行いました。

内容は
・病院と在宅のリハビリの違い
・訪問リハビリってどういうことをするの?
・PT、OT、STについて知る
・在宅医療を取り巻く現状
・地域専門職が行うべきもの
・実際の症例紹介

グループワークも混ぜながら、リハビリの定義から具体的にどういったことを行っているかを説明させていただきました。

後半は現在の在宅医療を取り巻く現状の紹介と、それに対して地域医療がいかに大切になるか、また、実際のイメージをつけてもらうために症例紹介なども実施しました。

2コマ(180分)の授業を通して学生さんのアンケートでは・・・
・PT、OT、STの違いがわかり、とても良かった。
・いないときのことを考えた看護とリハビリの重要性を学びました。
・在宅医療を身近に感じられるようになった。
・グループワーク、考える機会が多かったので理解を深めやすかった。
・LEが様々な取り組みを行っているので興味を持った。
などなど、とてもうれしい声をいただきました!

訪問看護はベテランの方がやる仕事、新卒では無理だ、などまだまだそのような声も多くあります。
しかし弊社が今回のような講義や、様々なイベントを通して、これからも訪問看護・リハについてもっと知っていただけるよう、そして在宅への興味や関心をもっと盛り上げていくことができれば幸いです。



【飛び込んでみませんか?在宅看護・リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
セミナー情報に詳細記載しております。
訪問看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会
  • u5

2020.8.15 4ヶ月の振り返り


2020.8.14 地域在宅勉強会を実施しました


2020.8.13 ぼくの夏休み


2020.8.13 【在宅看護の魅力って何❓】


2020.8.12 新しい仲間