LE式ベビータッチリリース!

2019.10.22


小児発達ケア部会よりLE式ベビータッチリリースのご報告です。

「LE式ベビータッチ」とは?

 アメリカで研究されているタッチセラピー(接触療法)の流れを汲み、触れ合うことで幸せホルモン「オキシトシン」が分泌され、お子さんの成長を促す科学的根拠のある触れ方です。

その流れを汲む外部講師をお招きし、2019年4月に講習会を開いて小児発達ケア部会のスタッフの皆で学びました。

小児の訪問看護、訪問リハビリは初めてという方も多いでしょう。小児部会ではこどもサポーター試験を隔月で実施し、まずお子さんがたに関わるにあたり、基本知識を学んでもらいます。サポーター試験合格者のみ出席できる症例検討会も随時開催し、ほかのスタッフがどのような症例と関わっているか、自分ならどうするかを考える場を設けています。ただ、試験や症例検討会だけでは、実際にお子さん方を前にした時に「何度も訪問しているのに、いまひとつ慣れてもらえない・・・」「どのくらいの力で触れていいのか分からない・・・」となりやすいです。こちらが構えて緊張してしまうと、それは確実にお子さんに伝わり、必要な医療的ケアや信頼関係の構築が難しくなります。「触られるのが嫌!」という状況を招きやすいのです。

そこで冒頭のタッチケアをまず学び、限られた訪問時間の中で信頼関係の構築に一役買えるよう、小児発達ケア部会で行いやすい箇所を選んで「LE式ベビータッチ」を作りました。

「この人なら大丈夫」という安心感とともに、成長ホルモン「オキシトシン」の分泌が促され、お子さんがたの情緒安定、睡眠時間の増加、体重増加が期待できます。

 ※サポーター有資格者がぬいぐるみ持参で受講中です。・・・個性が出ています。

 2019年9月よりサポーター有資格者にリリースを開始しました。今後有資格者はLE式ベビータッチ必修とし、資格保持者が最優先で訪問に携われるよう、研鑽を続けて参ります。



【飛び込んでみませんか?在宅看護・リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
セミナー情報に詳細記載しております。
訪問看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会
  • u5

2020.8.12 新しい仲間


2020.8.11 長期休暇


2020.7.28 【在宅の看護師って?】


2020.7.27 じめじめを乗り越えるには…?


2020.7.21 プリセプター