秋のおわりに思う事

2017.11.6

20代の頃はよく本を読んだり、映画を見たりしていました。多感でした。

年齢を重ねると「なんであんなものに夢中になっていたのかしら」と思ったり、

逆に若いころは良さが分からなかったが、今になって良い作品だったのだなと

分かってきたりすることもあります。

若い方でも、子供の頃に夢中になっていたものを、20代、30代になって見直すと

ずいぶん印象が違っていたりするのではないでしょうか。

特に小説や詩などは、そのときの雰囲気で読んでいたり、

その時の自分の置かれた境遇で、視点を変えたり、

感情移入して読んでいるのではないかと思います。

面白いですね。

以前、何かの本で読んだのですが、

行き詰ったり、悩んでも答えが出ないとき、

とりあえず、本棚から何でも良いので1冊本を取り出し、無作為にページをめくり

たった一行で良いので、そこに書いてある文章を読むと

そこに答えが書いてあるということでした。

そのときに自分の置かれた状況や精神状態で、

文章から受ける印象(読み方)が違うのですから、

実際は自分で答えを出しているんですよね。

 




【飛び込んでみませんか?在宅看護・リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
セミナー情報に詳細記載しております。
訪問看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会

2018.7.20 訪問の醍醐味は?


2018.7.18 訪問前の風景


2018.7.17 自宅の前に、たくさんの自転車


2018.7.17 LEで仕事とプライベートの両立


2018.7.11 毎日があっという間!!