第一回LE主催セミナー「形態構築アプローチ 理論と実践」山嵜勉先生が開催されました。

2017.10.30

10月22日に山嵜勉先生による「形態構築アプローチ 理論と実践」がLE主催で新宿にて行なわれました。当日は東京に台風が直撃するという生憎の天候だったのですが、雨にもかかわらず多くの方々に参加していただきました。

形態構築アプローチとは、山嵜先生が長い臨床経験と知識・技術を総括して築き上げた「破綻した運動機能を再構築する」アプローチです。

今回の講義では、破綻した形態の再構築を指標として動作機能構築を図り、動作機能を改善する方法としての形態構築アプローチについての概念と形態破綻に起因する疼痛や疾患について、臨床にてどのように活用していくのかをご講義頂きました。

セミナー内容

■形態構築アプローチ

・形態構築アプローチの概念

・関節の可動域と運動域

・動作の構築(寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩行等)

全体を通して実技(デモンストレーションを含む)が中心となりました。

自分の目で見てほしい。知識で患者を見ると理解できないと見なくなってしまう。

自分の目で見ることができたら説明できないことも考えることができる。

 

ご活用者様の生活する場所にアプローチできる訪問リハビリテーションに携わるものだからこそ、見えてくるものもあります。知識だけでできないと決めつけるのではない、その人をみて、できることを一緒に見つけ、その人らしい生活ができるように。

 

リハビリテーション専門職として、日々の訪問につなげていきます。




【飛び込んでみませんか?在宅看護・リハビリへ】

仲間を集めています!毎月第1火曜日、第3水曜日に座談会を開催しております。
セミナー情報に詳細記載しております。
訪問看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会

2017.12.6 Vol.36 なぜこんなにも在宅なのか


2017.12.1 千鳥鵜の木支店に新メンバーが増えました🌟


2017.11.22 もみじ狩りへ行きました♪


2017.11.20 Vol.35 LEまちづくりFestival 2017を経験し、気づき、手に入れたもの


2017.11.6 秋のおわりに思う事