3月15日に定例の勉強会を開催しました

2018.3.15

 

3月15日に弊社で定期的に開催している勉強会が2つの拠点に分かれ、

世田谷区の梅ヶ丘パークホール、大田区区民センターにて開催されました。

 

今回のテーマは認知症についてです。

勉強会の内容は以下5つを議題にたてて行われました。

・日本における認知症支援の重要性を知る。

・認知症の病態生理を学ぶ。

・中核症状と周辺症状の関係性について理解する。

・ユマニチュードの概要を把握する。

・認知症の方に対する看護アセスメントのポイントをおさえる。

 

現在日本では65歳以上の高齢者人口は3079万人です。

そのうち約462万人もの方が認知症になっていると言われてます。

健常者と認知症の中間の方はMCIと呼ばれ約400万人にまで及びます。

ですので65歳以上の高齢者の中でMCIの方を含めた認知症の方は、

全体の約28%にも及んでいるのが日本の現状です。

 

さらに今後は超高齢社会が進み、2025年には65歳以上の高齢者が3657万人に増え、

MCIを含めた認知症の方が全体の約36%にも増えてきます。

国内で増えている認知症も4タイプに分かれていて、

種類がアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、

レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症と脳病変も様々です。

講義途中ゲームやグループワークを行い、

交流をはかりながら行うことで理解も深まりました。

高齢者が次第に増え、自ずと認知症高齢者も増えてきます。

そういった傾向がある中で少しでも認知症の方を減らすためにはどうしたらいいのか、

認知症の方に対する正しいケア、認知症について今回の講義で深く理解出来ました。

こういった勉強会を通じて自己研磨していき、社会に貢献していければと思いますので、

今後ともLE訪問看護ステーションをどうぞ宜しくお願い致します。




【飛び込んでみませんか?在宅看護・リハビリへ】

仲間を集めています!毎月座談会を開催しております。
セミナー情報に詳細記載しております。
訪問看護に興味のある方、就職、転職を考えている方お気軽にご参加ください

  • LE座談会

2018.7.20 訪問の醍醐味は?


2018.7.18 訪問前の風景


2018.7.17 自宅の前に、たくさんの自転車


2018.7.17 LEで仕事とプライベートの両立


2018.7.11 毎日があっという間!!